現在位置 :トップページ › 一般質問要旨

質問要旨

会議名 平成29年11月定例会
質問日 平成29年12月7日
区分  一般質問
議員名 小林和彦 (志太創生会)
録画放映を表示
標題1.子ども見守り隊の現状について

 市内では児童、生徒の安全確保の取り組みとして、学校と地域が連携した子ども見守り活動が活発に行われています。登下校の子どもに挨拶や声かけ交通指導などを行うとともに、不審者に対しての声かけを行うなど、子どもの安全確保に努めています。
 しかしながら、見守り活動をしていただいている方々は高齢者がほとんどで、ボランティア活動であるため、安全面を心配する声があるのが、現状であります。
 そこで、子ども見守り隊の現状について、以下3点について伺います。

(1) 各地域でボランティアによる、子ども見守り隊(通称)の皆様に活動していただいておりますが、自治会とのかかわり、学校との連携はどのようになっているのか伺います。

(2) 見守り隊の皆様に対する安全面について、どのような対応がされているのか伺います。

(3) 今後の見守り隊の体制、あり方について、どのように考えているのか伺います。

標題2.指定管理者制度のあり方について

 平成15年に地方自治法が改正され、公の施設をより効率性で質の高い行政サービスの提供を目指して、企業経営的な手法による新しい行政経営システムが導入されていますが、市民の皆様へのサービスを一層向上させることができるかが課題になっています。
 そこで、指定管理者制度のあり方について、以下6点について伺います。

(1) 公共サービスの市民の満足度について、どのように調査をして市民満足度の向上に努められているのか伺います。

(2) 市の施策が反映され、市民が満足できる施設管理の評価指標の構築を指定管理者制度導入によって公共サービスの低下が見られた場合、市としてどのような対応をされているのか伺います。

(3) 指定管理者制度のモニタリングについて、何を指針として指導監督など、どのような方法で行っているのか伺います。

(4) 現在指定管理になっている施設の「ゆらく」について、利用状況を含め、市民(利用者)からどのような要望があり、今後その要望にどのように対応していくのか伺います。

(5) 施設「ゆらく」については、福祉施設との位置づけもあり、近隣に民間の施設もあることから、他施設との競合も含め公共性や衛生面(安全性)サービスなど、どのように考えていくのか伺います。

(6) 指定管理者になっている施設の中で、施設の性質や管理する団体の特性などにより、成果が上がらないような場合、直営に戻すことも必要になると思いますが、どのように考えるか伺います。
Copyright(c) 2012- 藤枝市議会 Fujieda City Council. All Rights Reserved.