現在位置 :トップページ質問通告内容 › 質問通告内容

質問通告内容

会議名
令和元年 9月定例会
質問日
令和元年9月12日
区分
一般質問
議員名
増田 克彦 (志太創生会)
録画配信を表示

内容

標題1:移住定住の促進について

 「選ばれ続けるまち」を目指し、本市は今年の重点方針として「”人口対策”につながる全施策の構築」「”都市ブランド力”の向上」を掲げています。これら重点方針の目指す成果として移住・定住の促進が望まれており、多くの分野にわたりさまざまな施策がなされております。本市における、こうした移住促進の取組の現状、及び今後の展望について伺います。

(1) シティ・プロモーションは現在どのように展開されているのか、またその実績をどのようにとらえているかを伺います。
(2) 多くの移住促進策が進められていますが、それらについて現状の手応えを伺います。
  @移住セミナー、移住相談会などの情報提供型イベントの状況について伺います。
  Aふるさと暮らし体験「ひだまり」、アクティブシニアおためし移住などの体験型イベントの手応えを伺います。
  B夫婦で移住補助金、子育てファミリー移住定住補助金などの補助金制度の成果について伺います。
(3) UIJターンにつながる雇用創生の取組と現状について伺います。
  @テレワーク/サテライトオフィスの現状と将来性について伺います。
  A特に女性のUターン就職が少ない現状についての対策はどうか伺います。
  B子育て女性の職場として「ママスクエアBiVi藤枝」は画期的な取組と思います。この試みの現状と今後の展開について伺います。

標題2:消費税増税に伴う施策について

 消費税増税までおよそあとひと月となりました。増税に伴い、さまざまな税制上の措置が取られることとなっていますが、複雑な制度改正に戸惑う市民も多いと思われます。消費税増税にあたって本市行政としてできることはなにか、その取組について伺います。

(1) 小売店の軽減税率対応(レジの交換、キャッシュレス決済によるポイント還元など)への市としてのサポートについて伺います。
(2) プレミアム商品券の配布方法、取扱店などの周知の現状を伺います。
(3) 消費税の適正な転嫁、便乗値上げなどに関する相談の窓口はどのようになるかを伺います。
(4) 総務省は消費拡大策としてマイナンバーカードを用いた施策を考えているようですが、それに関する本市の取組の予定について伺います。
(5) 増税対策に限定するものではないものの、増税に伴うタイミングでの本市としての景気向上策について伺います。
Copyright(c) 2012- 藤枝市議会 Fujieda City Council. All Rights Reserved.