現在位置 :トップページ質問通告内容 › 質問通告内容

質問通告内容

会議名
令和2年藤枝市議会定例会6月定例月議会
質問日
令和2年7月8日
区分
一般質問
議員名
薮ア幸裕 (藤新会)

内容

標題1:市長の所信表明について

 北村市長に於かれましては4期目の市長就任おめでとうございます。
 今回も無投票でしたが、これはこれで価値あることで、3期12年の市政運営が高く評価された結果であると考えます。
 また、今後の4年間に対しても予断を持って期待されたものと思います。
 今、世の中は新型コロナウイルスで大混乱です。目に見えないコロナによる死の恐怖、また、感染防止の為、緊急事態宣言がなされ、外出禁止の要請が出て日本の経済は大パニックで、明日の生活をもどうしようかと言うような状況でした。
 これらの事を勘案し所信表明にそって以下何点か質問をします。

(1) 市長は12年間、常に緊張し座右の銘「一以貫之」のもと市民の為、一筋に働いて来たかと思いますが、新型コロナは非情さをもって襲ってきて、市政は一瞬の綻びを見せました、この点をどう市長は認識しているか伺います。

(2) 所信表明では幸せな暮らしを守ると言っておりますが、その1番手は生活基盤と医療体制かと思います。特に今回のコロナ禍で病院経営が心配です。5月に病院に行ったら待合所はいつもの半分ぐらいでした。
今後の病院経営について伺います。

(3) 次に人口誘導の受け皿となる基盤作り・道路問題について伺います。本市の公共施設は長寿命化計画、耐震性向上計画によって数十年の耐久がなされ改善もなされたと思いますが、道路インフラについては遅々として進まず、藤枝市と言えば渋滞のまちと言われています。今後の道路情勢はどうあるべきか伺います。

(4) 次に文化を育むまちの1つとして、蹴球都市を標榜していますが、その目標とするところ、どういうイメージを描いているのか伺います。

(5) 次に市長は常々「広域行政」の重要性を訴えていますが、産業、観光、災害等、連携事業はどう進んでいるのか伺います。

(6)今回のコロナ禍の中、学校教育に於いては全国的にも学力の低下、体力の低下
また生徒同士の学力差が出ていると報道されていますが本市の小・中学校の生徒
にはどのような影響が出ているのか伺います。
Copyright(c) 2012- 藤枝市議会 Fujieda City Council. All Rights Reserved.